THROUGH MY FILTER

「自分」というフィルターを通して様々な情報を発信するブログです

【Evernote】Evernoteで名刺管理をする時に各種フィールドと名刺の裏面を追加する方法

title

Evernoteを利用していて一番便利なのは何ですか?と聞かれると一番に「名刺管理だよ」と言ってます、yutas (@yutas0609)です。

ありとあらゆるデータをクラウド上に保存し、検索して引っ張り出すことができるWEBサービスEvernote
通称”第二の脳”と言われるこのサービスですが、色んなことが出来すぎて戸惑ってしまうのも事実。

私はもう慣れたのであれですが、よく「Evernoteって何が便利なんですか?」とか聞かれることも増えてきました。
そんな時はこう言うようにしてます。「名刺管理だよ」と。このブログでも何回か名刺管理についても書いてきました。

【Evernote Business】明日からすぐ出来る!現役経営者でもある私が会社で行っている『Evernote Business』の利用事例を紹介します | THROUGH MY FILTER

【Evernote】個人事業主や経営者の方におすすめ!Evernoteの『ノートリンク機能』を使った名刺管理法を伝授します! | THROUGH MY FILTER

今日はEvernoteで名刺管理をしているとよく遭遇する問題、

”名刺が独特すぎてきちんと各種フィールド(名前、所属先、電話、住所など)を認識してくれない”

と、

”名刺の裏面も取り込みたい”

の2つについての対処法を書きたいと思います。

なぜかMac版やWEB版では対応できず、今の所iPhone版Evernoteでしか出来ないのでiPhone版を主軸に説明していきたいと思います。

Evernote
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

やり方は簡単。iPhone版Evernoteで編集するだけ!

↓やり方は全く難しくありません。iPhone版Evernoteを起動し、各種フィールドや名刺の裏面を追加したい名刺ノートを選択。
編集をタップします。

編集

↓Mac版やWEB版ではフィールドの”編集”しか出来ませんが、iPhone版ではこのように”追加”できます。

各種フィールドを編集/追加

↓下部にスクロールしていけば、iPhoneのカメラを利用して名刺の裏面を追加することも可能です。

名刺の裏面も追加

最新バージョンのiPhone版Evernoteではカメラで名刺を撮影すれば自動で名刺として認識され、文字認識ソフトが自動的に各種フィールドをピックアップして名刺ノートとしてEvernoteに保存してくれます。

時々うまく認識しないこともありますが、これらの編集は名刺を取り込んだ時に行うことができます。

しかし、急いでいる時や名刺が大量にある等とりあえず名刺だけ取り込みたい時に一枚一枚編集するのは面倒。

そんな時に今日の記事のようにあとで編集することを覚えてしまえばそんな面倒なことは考えずにバンバン名刺取り込んで、あとから編集していけます。

現在はiPhone版(Android版は未確認)でしかできない機能ですが、いずれMac版、WEB版、PC版などでも対応してくればより一層名刺管理が楽になる気がします。Evernote社さん、お願いします。

Evernote
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

Evernote
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

あとがき

最近は名刺にものすごいこだわって、従来のいわゆる横型の名刺ではない形の物や、デザインにこだわった名刺を渡されることが多くなってきました。

そういういわゆる「変わった名刺」をEvernoteに取り込んで名刺管理をする時は今日のこの記事を参考にしてみてくださいね!