THROUGH MY FILTER

「自分」というフィルターを通して様々な情報を発信するブログです

【Evernote Business】現役経営者の私が実践!Mac版Evernoteでの『Evernote Business』の使い方

20140512-1.png

Evernote Businessと連携出来るSalesforceというサービスが気になってます、yutas (@yutas0609)です。

Evernote Businessを導入するのは簡単なんです!という記事を書いたら、「実際にEvernote Businessを入れたらどんな感じになんのよ!?」っていう質問を受けましたので、今回は自分が使っているMac版のEvernoteでEvernote Business導入直後の様子を紹介したいと思います。
具体的にこんな項目が増えて、こんな感じの見た目になるよ〜っていうのが少しでも伝われば幸いです。

個人とビジネスを完全に分けるEvernote Business

↓Evernote Businessの登録を完了したあとにEvernoteを起動するとこのような画面が最初に出てきます。
プランをアップグレードした通知と、”Evernote Businessではビジネスノートと個人ノートを完全に分けて管理できますよ”という説明がされます。

ビジネスプレミアムにアップグレード

↓Evernote Business専用のホーム画面を初めて表示するとこのような通知が出てきます。
Evernote Businessを利用し始めるとかなりの頻度でこのホーム画面を使いますが、このホーム画面はオフラインでは使用する事が出来ません。

ホーム画面

↓ホーム画面の左側ではEvernote Businessに参加している社員を全員閲覧する事が出来ます。
誰がどのノートブックに参加していたり、どんなノートブックを作成して共有しているのか等を確認する事が出来ます。
だんだんと年数が経ちノートブックの数などが増えていくと「○○さんは○○の分野のノートブックをたくさん作ってるから詳しい」みたいな事もわかったりします。

ホーム画面2

↓タブを切り替える事で「人単位」の表示から「ノートブック単位」の表示に切り替える事が出来ます。

ホーム画面3

↓「ノートブック単位」の表示では公開・非公開に関わらず、自分がアクセス出来る全てのビジネスノートを閲覧する事が可能です。
各ノートブックの所有者や参加メンバー、ノート数等を確認する事が出来ます。

ホーム画面3

↓ノートブックを選択すると、最新の更新内容とノートをプレビューする事が出来ます。
全てのコンテンツにアクセスし、自分のアカウントと同期させたい場合は「ノートブックに参加」を押し、ノートブックに参加します。
一旦ノートブックに参加し、自分のアカウントと同期させておけば、自分のノートブック一覧に表示され、保存しておけばオフラインでも閲覧可能になります。

ホーム画面4

↓Evernoteの強力な検索機能はEvernote Businessでも健在。
仕事で使うノートを調べたい場合は、ビジネスノートに絞って検索する等も可能です。

ホーム画面5

↓ノートブック一覧表示では個人のノートブックとビジネスノートブックの色が違うので、見やすいです。

ホーム画面6

↓最後に余談ですが、プレミアムを利用していた人がビジネスアカウントにアップグレードすると、アカウントに残っていたプレミアムアカウントのアクティベーションコードをもらう事が出来ます。
このコードはビジネスアカウントの利用をやめた時に自分自身で使うか、友達やご家族にプレゼントする事が可能です。

プレミアムアカウントコードプレゼント

↓Evernote Businessの登録は以下から出来ます

Evernote Business | Evernote

Evernote
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

あとがき

いかがでしたでしょうか、Mac版EvernoteでのEvernote Businessの使い方ガイドツアー。
Evernote Businessを使うことで、ビジネスノートと個人のノートを完全に分けて管理する事が可能なので、もし現在ノートブックやフォルダ管理機能を使ってプライベートとビジネスを分けて使っている人がいるなら、Evernote Businessは一つの選択肢になるかと思います。

ただ、Evernote Businessは会社で共有をしてこそ真価を発揮するものなので、もし利用してみたいという方がいらっしゃったら、このブログを経営者か経営陣に見せてあげてください(笑)