THROUGH MY FILTER

「自分」というフィルターを通して様々な情報を発信するブログです

【外国のお菓子】『ウォンカバー』って知ってる?「チャーリーとチョコレート工場」に出てきたウィリー・ウォンカの作るウォンカバーを発見して食べてみた!

どうも、ジョニーデップと同じ誕生日の男、yutas (@yutas0609)です。

さて、私の最も好きなハリウッド俳優のジョニーデップさんが主演を務めた2005年制作のファンタジーコメディ映画、『チャーリーとチョコレート工場』は皆さんご存知でしょうか?

そうですそうです、あのジョニーデップ演じるウィリー・ウォンカ(縦長帽子の人)が出る映画です。
あのウィリー・ウォンカの作る超人気のチョコレートバー『ウォンカバー』に入ってる”ゴールデンチケット”を当てた世界各国の子供達がチョコレート工場に招待されて工場を体験するってのが大まかなストーリーです。

あの映画の中でも圧倒的人気で世界中の皆が食べているあの『ウォンカバー』って実際にあるんですよ、知ってました?

ネスレは以前から原作者ロアルド・ダールよりウォンカバーの商標を独占貸与され、1998年頃からアメリカで「ウォンカバー」を販売している。映画の公開にあたり、ネスレは総額500万ポンドのタイアップ・キャンペーンを実施している。同時に映画のパッケージを模したデザインの「ウォンカ・チョコレートバー」を発売した。それぞれスティック型と板チョコ型の2種類が作られ、特にオーストラリア版の板チョコ型は190グラムと大きく、映画の中でオーガスタスやチャーリーが手にしたウォンカバーを彷佛とさせる大きさになっている。単なる板チョコではなく、キャラメルが挟み込まれており、非常に甘い。

via: チャーリーとチョコレート工場 – Wikipedia

今回はこのチョコレートバーを発見しましたので、購入して食べてみました!!

さすがアメリカ!!!な感じの大ざっぱな甘さ(笑)

こちらが今回購入した2種類のウォンカバー。
カタカナ表記だとなんだか雰囲気が出ませんねw

こっちが私の食べたホイップル スクランプシャス キャラメル ディライト
なんと甘そうな長い名前か

こちらが友達の購入したミステリアス スピット・スパット
なんか舌噛みそう

ちゃんと劇場版の通りにゴールデンチケットが当たる!!!って書いてある。
当たったらウィリー・ウォンカに会えるかな?

こちらがウォンカバーの中身。なにこの板チョコ、ちょーデカい。

食べてみると、ただ単にチョコの固まりなんじゃなくて、あの膨らんでる部分にフレーバーが入ってる。
ちなみに赤い方はキャラメルが入ってて、青い方は謎のパチパチするベリー系の”何か”が入ってる。
”何か”が何なのかはわからない。まさにミステリアス。

あとがきと味の感想

味の感想としてはなんの面白みもないかもしれないが、「デカい」と「甘い」の2つに尽きる。
全く食べきれる気がしない。甘すぎる。そして味が大ざっぱすぎるw

良い意味でアメリカを感じさせる素晴らしいチョコバーだと感じました。
あと密かに楽しみにしてたゴールデンチケットは入ってなかったです・・・

あ、ちなみに未だに全部食べきれてません(頑張って食べてた友達もギブアップして俺に半分くれました。)
試しに食べてみたい方は2個セットをどうぞ。今なら可愛いパッケージも付いてくるみたいです。
私はキャラメルの方がまだ食べれました。

Posted from するぷろ for iPhone.