THROUGH MY FILTER

「自分」というフィルターを通して様々な情報を発信するブログです

VR技術を手軽に体験!『ゴーグル型 3Dメガネ VR CASE 第5世代』商品レビュー&オススメ3DVR動画の紹介【PR】

title

VRとかARみたいな新技術はなるだけ早く体感しておきたいアーリーアダプターな男、yutas (@yutas0609)です。

AR(拡張現実)とかVR(仮想現実)みたいな言葉を世の中で見るようになりましたが、実際にVRとかARを体験した人はどれぐらいいるのでしょうか?

ARに関してだけ言えば、昨年流行って世界的にスマホを持って出かける人が増えたという『POKEMON GO』が記憶に新しいですが、今や風前の灯と言われるほど廃れているらしいですね。現に僕も一時期ダウンロードして遊んでましたが、交換機能とか対戦機能みたいなのが導入されない限り遊ぶ予定は今の所ありません。

VRに関してはSONYが出したプレイステーションVRとか、パソコンに繋いで遊ぶVRグラスみたいなのが一時期流行りましたが、今はどうなんでしょうか?興味はあったし、ニュースでも入手困難みたいな記事見たけどそこまでVR体験するつもりはないかな、って意見が一般的だとは思います。というか私がそうです。そんなに興味がない。

ただ、そう遠くない未来確実にVRやARを使う生活が待っているのは間違いなくって、そんな世の中の流れに取り残されたくない。という思いも同時に持っています。

そんな手軽にVR体験して見たいけど、そんなにお金出したくないしな・・・って人におすすめな3D VRゴーグルの商品レビュー依頼を頂きましたので、今回商品レビューしてみたいと思います。

VRゴーグルは商品レビューだけだとつまらないので、後半にVRゴーグルを使って見るのにオススメな動画も載せています。

実際に体に身につけるものだからこそフィット感や心地よさは大事

↓では開封の儀を。箱は思ったよりデカイですが、そんなにしっかりした物ではなかったです正直。まぁこの辺りは価格的にしょうがない面もありますし、ブリスターとかだと開封しにくいので箱が正解かも。Yukissってブランド名なのかな?

外箱

↓同梱品はこれら。VRゴーグル本体と説明書、スマホ保護パット、あとレンズを拭くクリーナーとなぜかキーホルダー。

同梱品一覧

↓VRゴーグルみたいな実際体に身につける商品で重要なのは体に触れる部分。ここが快適かどうかって結構大事だと思います。頭を包み込むバンドは横方向だけでなく縦方向にもついてます。このゴムバンド思ったよりきつくもなく頭にフィット。私の頭は大きいですが問題なく入りますし、きつさも感じなかったです。

バンド部分

↓今回この商品で一番良かったのがこれ。このクッションが思いの外心地よく、長時間つけてても全然苦になりませんでした。商品の謳い文句の一つに「快適な装着」とありますが、あながち嘘ではありません。またある程度クッションの厚みがあるためメガネをかけたままでも装着できました。

快適なクッションパッド

↓内部に装着されたレンズはゴーグル上部についているアジャスターで調節できます。アジャスターは前後左右に動きます。

アジャスター付き

↓ぱかっと開けてスマホをカバー部分に装着します。カバーの一部分が欠けてるように見えますが、この部分はイヤホンを通すための穴になります。ただゴーグルを装着したまま線を気にすることなく動き回れるのでワイヤレス推奨です。

ぱかっと開けてスマホを装着

↓付属品にこのようなスマホを保護するためのパッドが付いており、これをゴーグルの上下に付けます。

スマホ保護パッド

↓かなり見えにくいですが、丸で囲った部分に装着してみました。確かにスマホは保護されるのでしょうが、厚みが増すのでスマホが若干装着しにくくなります。私が持ってるiPhone7Plus(裸)だとギリギリ装着できたぐらいなので、ケースを付けてる方は外して使うことをお勧めします。

保護パット装着

『ゴーグル型 3Dメガネ VR CASE 第5世代』総評

装着感はいいです。これははっきりと言える。長時間つけるのも苦じゃないのはさすが第5世代といった感じです。レンズのクリアさは他の商品と比べてないのでわかりませんが、確かに映像がクリアには見えました。この辺りは値段のわりに頑張ってるとなと感じました。

ただスマホを装着する部分はもう少し大きく作って欲しかった。iPhone7Plusサイズだとギリギリになるので取り付けにくい&外しにくい。保護パッドをつけるとなおさらです。iPhone7程度の大きさであればバッチリでしょうから、iPhone7サイズをお持ちの方にはお勧めです。ただケースを付けてると装着できない(特に手帳型ケースとか)ので、その辺りのことを考えると使わなくなって余ったiPhoneなどを使うのがBESTかもしれません。

VRゴーグルを購入したら見て欲しいおすすめの動画

いくらVRゴーグルを購入したってやっぱり大事なのはコンテンツ。コンテンツ次第でこのVRゴーグルは素晴らしい没入体験をさせてくれるガジェットにもなりますし、逆にゴミにもなります。

今回VRゴーグルを提供してもらって見て見た動画の中から「これってVR体験として未来を感じる!」と感じた動画を2つ紹介します。是非ともVRゴーグル持ってる人は見てみてください。

まず一つ目はスパイダーマンのゲーム動画を”映画館で見ている”という設定の動画。これ感動したのが、動画自体は3Dでもなんでもないし、ただのゲームプレイ動画なんです。でもそれをVRゴーグル付けるととまるで映画館で映像を見ているような感覚で見えます。

これアイディアだなーって思いました。横見ても後ろ見てもそこに見えるのは映画館の席。左右の奥にはきちんと非常口のEXITまで再現されてます。

これがどんどんリアルになると、映画自体は今まで通り2Dの映像なんだけど、家にいながら映画館に行って映画を見ている気分を味わえます。もっと進化したら、それこそ映画の中から実際の登場人物が出てきて、映画館で動き回るみたいな現実ではありえない映像も作れちゃいます。

アイディア次第でVRって面白くなるんだなー、って感心させられた動画コンテンツの一つです。

もう一つのおすすめ動画はスターウォーズファンによって製作されたスターウォーズのVR動画。

こちらは上記のスパイダーマンのと違って、自分が実際にスターウォーズの世界に入り込んだような気分が味わえます。こういうのってアイディアとしては順当だし、映画世界の中に入るのって想像するのは難しくないんですが、実際に体験してみると想像以上の体験が味わえます。

特にダースベイダーがドアから出てくる2:10辺りは鳥肌モンです。ダースベイダーが現れた瞬間、「あぁ、ダースベイダーと対峙するってこんな気持ちなのか・・超こええ」って思いました。

そしてこの動画でもっと注目して欲しいのが、この動画はファンによって制作されたもの、ということ。もちろんプロ級に技術持った人が関わってはいるのでしょうが、ファンがこれだけのクオリティのものを作り上げ、しかもその世界にVRゴーグル使って没入できるっていうのはすごい夢のある話だな、って感じます。だってファンが作りさえすればその世界にVR使って入れるってことですよ?素晴らしい未来が待っていることを確信させてくれる動画コンテンツです。

まとめ

VRゴーグルの商品レビューから、そのゴーグルを使って体験する動画まで簡単にですが紹介させて頂きました。

間違いなくこれから先VRとかARの世界は広がっていくでしょうし、広がっていくことでまだまだ世の中楽しいことはたくさんあるなって考えさせられました。

こういう新しい技術ってまずゲームとか映画とか遊びの部分から発展して、次にビジネス、そして最終的に日常生活へと広がっていくのでしょうから、まだまだ先は長いかもしれませんが、とりあえず一足先にこのVRゴーグルでVRの世界をもっと味ってみたいと思います。

↓今回レビューした商品

あとがき

初めてこういうPR記事書いたけどなかなか楽しいですね。

そしてVRゴーグルめっちゃ楽しい。未来を感じました。