THROUGH MY FILTER

「自分」というフィルターを通して様々な情報を発信するブログです

グニャグニャ曲げても壊れない極短ケーブル!Nomad社製LightningUSBケーブル『ノマドキー』購入レビュー!

Title

Lightningケーブルはいくつあっても問題無い。どうも、yutas (@yutas0609)です。

2年ぐらい前からblueLounge社製のkiiというカギ型Lightningケーブルを使用していました。

見た目良し!実用性良し!ということで初代がぶっ壊れてもすぐに2代目(これは黒色を買いました)を購入し、かなり長い間愛用してきました。

が、どんな商品にも長い間使っていると問題というものが出てきまして・・・・・
この『kii』という商品、結構耐久性が弱いのです。
ちょっとしたことでうまく充電出来なくなったり、データのやり取りが出来なくなったりします。

↓で、結果こうなりました。

ぶっ壊れた

↓こんな感じでポッキリと逝きました。

ポッキリと

もちろん普通に使っててこんなポッキリいったわけではありません。ポッキリ折ったのは私。
全く充電出来なくなったので、中身どうなってるんだろう?って思って折りました(笑)

このポッキリ折れてるゴムの部分がかなりデリケートなようで、ここの故障が原因でうまく充電出来なくなったりするみたいです。

で、こっからが本題。こういうカギ型のUSBケーブルはもうめちゃくちゃ便利なので同じタイプが欲しい。
でも耐久性も兼ね備えた商品が欲しい。

ということで見つけたのが、今回紹介するNomad社製 Lightning USBケーブル ノマドキーです!
今日はこれの購入レビューと、少し使ってみた使用感を書きたいと思います。

↓こちらの商品。

シンプルな作りだが耐久性は抜群!グニグニしても壊れない!

↓今回購入した『ノマドキー』はblueLounge製のKiiに比べると”カギ型”とは言い難い見た目。
“Hello, Nomad.”ってセリフがなんとも粋な雰囲気。

NomadのLightningケーブル

↓大きさはKiiよりも少し小ぶり。
LightningコネクタもUSBコネクタもむき出しのある意味潔い良いデザイン。

表面

↓そしてこれがノマドキー最大の特徴。いわゆる”ケーブル部分”のゴムがすんごい丈夫でこんな風にぐにゃぐにゃしても大丈夫らしい。
使うとき必要以上に曲げる必要はないけど、この”曲げても平気”っていう安心感はデカイ。
モバイルバッテリーに挿したまま使うときとか特に。

最大の特徴

↓ということで、私がいつも持ち歩いてるガジェットキーの束に付けてみました。
こうやって持ち歩くようになってからマジでケーブル忘れがないです。
本当なんでみんなやらないのか不思議なぐらい。

ガジェットキーに付けてみました

まだ使用して1~2週間ですが、丈夫さという点では以前使用していたKiiよりも優れていると断言できます。

デザイン性では確かにblueLounge製Kiiの方が鍵っぽいですが、実用性では圧倒的にこちらの勝利。という感じがします。
気に入りました!

↓実用性重視ならこちらをどうぞ。

↓見た目重視ならやっぱりこっちかも

あとがき

やはりこういう持ち運びがしやすいLightningケーブルってのは便利です。まず”忘れる”という事件が発生しません。

また、私の場合特になのですが大体他の人に見せると「なにそれー?」って言われます。

これ、至極快感です。