私が『純正EVERNOTEアプリのスキャン機能』を使い続けているこだわりの理由 - Evernote | THROUGH MY FILTER 「自分」というフィルターを通して様々な情報を発信するブログです

私が『純正EVERNOTEアプリのスキャン機能』を使い続けているこだわりの理由

2013.02.17 / Evernote

OmniFocusも好きだけど、EVERNOTEも大好き!yutas (@yutas0609)です。

先日行われた岡山スマホユーザー会で運営をされていた@takaiphone2010さんとお話した時にEvernoteアプリのスキャン機能のお話をさせていただいたところ、すごく興味を持ってくださり、ブログネタにしていただきました!

今更ながら、Evernote純正iPhoneアプリのスキャン機能は優秀であることに気付いた。 | Evernote | Cross Mode Life

これは負けてられない!ということでこのネタを投下です。

~EVERNOTEの純正スキャンは意外に使える〜

皆さんEvernoteの利用はもちろんのこと、純正アプリをiPhoneに入れてる方も多いと思いますが、意外とこのスキャン機能を使ってる方は少ないんじゃないでしょうか?

「高機能なスキャン専用のアプリがあるし、わざわざEvernoteのを使わなくても・・・・」
と思われるかもしれませんが、どうしてこうしてこの純正アプリのスキャン機能、意外と使えるヤツなんです。

スキャン機能はこちらの一番右のボタンから使うことができます。

名刺を枠に収めてシャッターボタンを押します

撮影が終わったら完了ボタンを押します。
裏面も撮る場合は裏側を枠に収めて、もう一度シャッターボタンを押します。

すると自動でトリミングされ、ノートが作成されます。
複数枚撮影した場合は、複数枚で1つのノートが作成されます。

スキャン専用アプリなどを使用して名刺を取り込むと、取り込んだ後に「Evernoteに送る」という行為が必要です。
が、この純正アプリのスキャンを使用すると、純正アプリだからこそ「送る」などのステップを行うことなく名刺をノートに取り込むことが可能です。

~なるべくシンプルでいたい~

以前は私もスキャン専用アプリを使って名刺をスキャンし、EVERNOTEに送っていました。

が、使いながらも常に「スキャンする為だけにアプリいれるのもなぁ…なるべくアプリはシンプルにしたいし…」という思いがありました。

そしてEVERNOTEのupdateでスキャン機能が強化されたのと同時に使い始めてみると、意外に高機能でしっかりトリミングしてくれることもあり、すっかり気に入りました。

また、EVERNOTEの純正アプリのスキャンを使うとPDFではなく画像としてスキャンしてくれるため、iPhoneアプリを使って一覧で見る場合に見やすいというのも気に入った理由の一つです。

EVERNOTEの純正アプリは重いとか、使いにくいとか言われていますがやっぱり純正だからこその強みもあるし、なんだかんだで便利だなぁ~と感じています。

皆さんも純正EVERNOTEアプリのスキャン機能を使ってみてください!

Evernote 7.0(無料)App
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: Evernote – Evernote(サイズ: 26.6 MB)
全てのバージョンの評価: (40,151件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応

Posted from するぷろ for iPhone.

あとがき

  • Monthly Archive

  • Category

  • Recommend

    11174261_845002008907355_6820926723690390142_o

THROUGH MY FILTER

閉じる

  • スマホ/ガジェット/アプリ

    スマホ/ガジェット/アプリ

    メインコンテンツの一つでもあるガジェット/アプリカテゴリー。
    Apple系記事が多いですが、GTDやEvernoteなどビジネスに使える記事もあります。
    基本的には自分が購入/体験したガジェットやアプリのみを紹介しています。

  • ダラブッカ・音楽

    ダラブッカ・音楽

    2014年から中東音楽で使われるダラブッカ(タブラ、ドゥンベク)という太鼓の魅力にハマり、それについて書いているカテゴリーです。
    元々ドラマーとしてバンド活動をしていたこともあり、自分が気に入った曲やアーティストなども紹介しています。

    所属カテゴリ

  • 雑記

    雑記

    このブログは基本的に私自身が体験したことや思ったこと感じたことを紹介するブログなので大小様々なカテゴリーが存在しますが、メインコンテンツであるガジェット系とダラブッカ系以外をまとめたのがこの雑記です。