THROUGH MY FILTER

「自分」というフィルターを通して様々な情報を発信するブログです

【iOS】iOS 7のSafariでiCloud同期したタブの出し方が分からなかったが、発見してみれば簡単なことだった

iOS 7になってからChromeからSafariに乗り換えた男、yutas (@yutas0609)です。

ChromeからSafariに乗り換えた理由としては、今までは会社にiPadを持っていき、iPadと会社のWindowsを使って仕事をしていたのですが、最近はiPadよりもMacを持っていって使う事の方が増えたので、別にChrome使う必要なくない?って感じになっていたのが大きな理由です。

んで、Safariってやっぱり純正なのでiPhoneとか使うのにはやっぱり便利なんです(iOSではデフォルトのブラウザを変える事は出来ないので、リンクとか開くと自動でSafariが開く)。

んで、Safariを使うのにやってみたかったのが、iCloudを使ったタブ同期!!!

一応iCloudでのタブ同期が出来るようになってから試したことはあったんですが、iOS 7になってから試していなかったので試してみようと思いました。

が、なんか以前のiOSから変わっててiCloudタブの出し方がわからない!!!
で、色々弄ってたらめちゃくちゃ簡単な事だったので、忘れないように備忘録として残しておきます。

スワイプでシュッ!!!

こちらSafariの起動直後画面。Chromeの登場からアドレスと検索ボックスが一緒になるのは標準になりましたね。
iCloudタブを出すにはまず右下のタブをタップ。

すると現在Safariで開いているタブの一覧が出ます。
ここで上にスワイプすると・・・・

出たー!MacのSafariで開いてたタブだー!!!同期したーーー!!!

あとがき

なんてこっちゃあない、iCloud同期したタブを出す方法はただ単に上にスワイプするだけ・・・

ただこれがわからなくて、四苦八苦しましたww
でも知って慣れてしまえばなんてことはありませんし、使ってみれば、まぁ確かにどこか専用のボタンを作るとかよりもこれの方が見やすいし理にかなってる。

うーん、ますます好きになったぞ、Safari!!!!

ってことでSafariを使ってる人はじゃんじゃん同期しちゃってください。

Posted from するぷろ for iPhone.