OmniFocusでウイッシュリスト(欲しいものリスト)を作成・運用する方法。

2014.04.17 / GTD・OmniFocus

OmniFocus2 for Macのテスト版を利用してからMacでのGTDがますます楽しくなってきています、ゆうたです。 今日は皆さんがよく使うであろう『欲しいものリスト』または『ウィッシュリスト』をOmniFocusで作成し、運用する方法について説明します。
根本的な考え方としては、
GTDにおける”多分/いつか・・・リスト” = ウィッシュリスト
として管理してみる方法です。

これが結構快適で、以前にEVERNOTEでウィッシュリストを管理していた状態よりもより良い状態で管理出来ていると自分では思っています。

そもそもなんでGTD/OmniFocusなのか?

なんでそもそもOmniFocusでウィッシュリストを管理する必要があるのか?

WEBページでも、画像でも、ファイルならなんでも突っ込んで検索出来るEVERNOTEに入れておく方がウィッシュリストとしては便利なんじゃない?

または楽天とかAmazonとかそれぞれ独自にウィッシュリストとかで管理出来るからそれで十分じゃん。
と思われる方もいるかもしれません。

当初は私もAmazonのウィッシュリストなんかも使って管理していました。

しかし、

  • 欲しい物がAmazonにはないけど楽天にはある場合は楽天のほしい物リスト
  • 楽天にはあるけどAmazonにある場合はAmazonのほしい物リスト
  • iBooksで欲しい本とかiTunesで欲しい曲とかはAppleのウィッシュリストで管理
  • そもそも欲しいものが購買サイトにない場合はEvernoteで管理

といった感じで管理がバラバラになってしまう状態が続いたのです。

この状態だと自分の欲しい物が見えにくい。なのでそれらを一括で管理して、

yutas
ゆうた
自分の欲しい物はこれだ!!!

っていうリストが欲しかったんです。

なので次に使い始めたのがEVERNOTEで管理するウィッシュリスト。
EVERNOTEならなんでも突っ込めるし、WEBクリッパーとか使えばリンクも貼られるし、これで一括リストが作れるじゃん!!!と思ってました。
この形でウィッシュリストの管理は数年行っていたんですが、数年行って気付いた事が。

EVERNOTEでウィッシュリストを使って、欲しい物のノートに貼られたリンクからページに飛んで、物品を購入して、購入したらそのノートを削除。

それを繰り返していくうちに、

yutas
ゆうた
あれ?これっていわゆるタスク、アクションじゃない?

と気づきました。

それにウィッシュリストに入っている物は、”その時”には欲しいと思っていても後で見返すと「あ、やっぱり必要ないな」って思う事もある。

ということは、ウィッシュリストにもレビュー(的的な見直し)が必要で、そうなってくるとこのウィッシュリストっていわゆるGTDで言う「いつか/多分やること」リストに分類されるんじゃないのか?って思ったんです。

GTDの「いつか/多分やること」リストの中に取り込んでしまって、購入したらそのアクションを消せばいいことだし、GTDのシステムの中に取り込んでしまえば普段の週次レビューの中にも組み込める。
それになんといっても僕の信条は

yutas
ゆうた
GTDは未来、EVERNOTEは過去

っていう基本的な考えのもと生活を管理しています。

それならこれから先、未来に買うもの、欲しいものって未来じゃん。と気付いたのです。

ウィッシュリスト(ほしい物リスト)をOmniFocusで管理することにしてみた

↓今まで使っていた「いつか/多分やること」リストの中に組み込んでもよかったんですが、とりあえず試験的に”買いたいもの”と”行きたいお店”の2つに分けて管理してみる事にしました。
ウイッシュリスト

↓OmniFocusへの入力は以前記事に書いたSafariブックマーク機能を使って行います。

↓買うものリストの中身。とりあえず今欲しいと思っていた物をSafariブックマーク機能を使って取り込みまくってみました。
買うものリスト

↓ブックマークしたページへのリンクはメモに保存されます。
リンクはメモ内

↓Safariで見たiTunesにある欲しい物をブックマークして出来たリンクをタップすると、iPhoneのSafariが起動するのではなく、iPhone内にあるiTune sStoreが起動し、以下のように購入することが出来ます。
これは予想外の便利さ。
リンクタップでiTunesStore起動

↓テレビとかで取材を受けてて、いつか行ってみたいなーっていうお店とかも別のリストで管理をしています。
これはちょっと試験的に試しています。
お店リスト

↓これもOmniFocusのSafariブックマーク機能を使って登録したので、同じようにブックマークしたページのリンクがメモに残ります。
リンクはメモ内に

↓リンクをタップするとこのようにSafariが自動で起動し、ページを見る事が出来ます。
リンクタップでSafari起動

最後に

今回紹介したOmniFocusでウィッシュリスト管理法がベストだと思っているわけではないですし、また以前のようにEVERNOTEでの管理に戻るかもしれません。

しかし今の所、自分のGTDの運用方法、そしてOmniFocusとEVERNOTEそれぞれの現在の使い方を考えると結構このOmniFocusウィッシュリスト管理っていうのは私の性に合っている感じです。

 

OmniFocusもEVERNOTEもこれ!っていう決まった使い方があるわけではないので、このような運用方法もあるんだよ、という一例として紹介させていただきました。
またもっといいウィッシュリスト管理が見つかればまた紹介したいと思います。

 

OmniFocus 3
仕事効率化, ビジネス無料iOSユニバーサル

あとがき

この運用法は数年経っても使い続けていますが、今ではこれ以外考えられないというほど、自分にマッチしてます。

  • Monthly Archive

  • Category

  • Recommend

    11174261_845002008907355_6820926723690390142_o

THROUGH MY FILTER