THROUGH MY FILTER

「自分」というフィルターを通して様々な情報を発信するブログです

【GTD】MacのOmniFocusで操作を間違えちゃったらとりあえず『Command + z』押しとけ

スクリーンショット_2015-09-04_14_58_56

GTDは心の拠り所、どうもyutas (@yutas0609)です。

iPhone版OmniFocusに比べて値段も高いし、利用している人も少ないであろうMac版OmniFocus。

ただ、利用し始めるともうこれ無しでのOmniFocus生活は考えられないほど便利になります。

 

OmniFocus 2
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス

 

OmniFocus 2 for iPhone
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス

 

そんな私がゾッコン中なMac版OmniFocusですが、iPhone版と同じように間違えてタスクを消しちゃうことも時々あります。iPhone版の場合は、iPhoneの基本機能”振る”でUndoすることが出来ましたが、Mac版ではどうするのか?今日はそれのご紹介です。

 

うん、”Command + z”だね

まさかのタイトル落ちっていう。

簡単に想像できそうなもんですが、MacでUndoといえば”Command + z”。
そう、Mac版OmniFocusでもこの機能はバリバリ有効です。

補足すると、間違えてタスクを消しちゃった時だけでなく、すべての作業を”Command + z”でUndo出来ます。
例えば

  • コンテキスト/プロジェクトの割り振りを間違えた
  • defer/dueの日付入力間違い
  • レビューチェック間違い

などなど。全ての間違いを試したわけではありませんが、今までOmniFocus使ってきて間違えちゃった時はとりあえずなんでも”Command + z”でなんとかなってきたので、間違い無いでしょう。

OmniFocusに限ったことではないかもしれませんが、とりあえずMacを操作していて何か間違いをしてしまった時は、とりあえず”Command + z”。これを覚えておきましょう。

ちなみにMac版Evernoteでは”Command + z”は有効ではありません(有効な方法ありましたら、教えて下さい・・・)

あとがき

Command + zは最強!!!

これに尽きます。というかEvernoteなんで対応してないんだろうか?

間違えて消しちゃった時とか、間違えたノートブックに入れちゃった時なんかはundoできるとすげー便利なんだけど