THROUGH MY FILTER

「自分」というフィルターを通して様々な情報を発信するブログです

「収集」をする時は単純に身の回りのものをチェックして行くと効果的


SCA F2F WDF, 2008 / vladislav.bezrukov

最近GTDの勉強をやり直しています、yutas (@yutas0609)です。

先日、GTDの効果を実感するには「収集」がオススメだよ、という記事を書きました。

through my filter | GTDですぐに効果を実感したいなら「収集」がオススメ

「収集」を行う時は制限時間のようなものを設け、その時間内では集中して一心不乱に気になることを書き出す事がポイントです。
が、やはり、そうは言っても慣れるまでは実行が難しい部分もあります。

そんな時に使えるのがトリガーリストだったりするのですが、今日はそのトリガーリスト以外にもう一つ、「収集」をする上でオススメな方法をご紹介しましょう。

〜単純に身の回りのものをチェックしていく「心のお掃除」〜


new Computer desk final posit / THE Holy Hand Grenade!

「収集」をする時にトリガーリストと呼ばれるいくつかの質問集のようなものを用いて自問自答を繰り返すと、自分の頭の中に無意識にあるモヤモヤしたものを取り出しやすくなります。

が、それ以外にも単純に身の回りの物をチェックしていくと同じような効果を得ることが出来ます。

デスクの上や下、引き出しの中、本棚、クローゼットやキャビネットなどとりあえずすべてをチェックし、集中力を妨げる原因になるもの、つまり「気になることを」を収集していきます。

収集ボックスの様な物を使っているのであればその「物」を物理的に入れてもいいし、入らない場合は紙に書いて物自体は周囲に置くという事もできます。
リストに書き出すのもいいですが、それよりも紙1枚につき1つの気になることを書き出すほうがオススメです。

〜あとがき〜

私もそうですが、”気になるし、やらなきゃいけないんだけど、とりあえず今は出来ないから机の上に置いておく”という事を日常的にやりがちです。

「いいやそんことはない、私の机の上は綺麗だ!」という人でも机の引き出しの中であったり、クローゼット等に仕舞いこんである場合もあります。

「気になること」が机の上にあれば見えない心のストレスがかかるのはもちろんのこと、机の引き出しの中などに置いてあって物理的に見えない場合でも、無意識的、または心理的には心にストレスがかかっています。

ですので、これを機に物理的な見た目だけではなく、真の意味で”お掃除”をして、ストレスフリーを感じてみませんか?

Posted from するぷろ for iOS.